スポンサーサイト

-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
164.jpg
1pが切れたあとに2pを引いてきて
もう少し早ければ鳴き一通に持って行けたのに・・・などと考えていたところに
下家の手出し1m
ダブ東より大事にとっておいた1mということで
安牌もどきとして浮き牌から切り出されたわけではなさそう
周辺のマンズを持ってる可能性が高い

ここで対面の河を見ると東の切り出しが遅く
赤5p無いしとりあえずピンズは持ってなさそう
手なりではなくホンイツか一通、とりあえず平和系ではなさそうってくらいしかまだ分からないけれど
その他の色、マンズかソーズのどっちかに寄せてそうで
ノータイムで2sツモ切りしたのを見てマンズの方だと判断
3mは期待薄なので打2m

165.jpg
打6m
この時点でドラ周辺の7m8mは山に無さそうでかつ
他家に対して後々危険となりうるところ
いつまでも抱えるわけにはいかない

ここまでで手牌を開けるとこんな状態
166.jpg

167.jpg
状況的にリーチのみで構わない、つまり染める必要は無い
この上家の7pはスルーすべきだろうか
ここで場がトイツ場気配であることと
対面の手出し7sを見ていたため周辺のソーズのトイツ持ちを警戒
加えて上家の河で5sが二枚切れているし4sにくっつくかどうかこの時点で不安になった
上家の7pをここでスルーした場合
最終的にはおそらく二枚切れのペン7pでリーチすることになるだろう
それならばとチー

168.jpg
打点の向上よりも鳴いて自由に動ける形にとったほうが早いという判断だったものの
ここでチーしてシャンテンを落とすべきかどうかは正直自信が無い

この時点で対面がピンズ無し、上家に147pが不要だと考えていた
それならば面前でいって残り二枚のペン7pでリーチをかけても別に構わなかったのではないだろうか
トップの下家は手が進んでいなさそうな河
下家さえオリてくれれば最低でも南入り、まくり終了さえあるわけだし

169.jpg
ちなみにこの後
全く意味がわからないところをポンしてしまったわ
上家から何か出たら鳴くってのを意識しすぎていたのか反射でボタンを押してしまったのだ・・・
スポンサーサイト

三色厨

2009-05-28 13:03

東一局 南家 5巡目 ドラ四索
一萬三萬五萬七萬九萬六筒七筒八筒四索六索八索西西 ツモ九筒

他家の河はそれぞれ
上家南西一萬一萬九萬
対面一筒九筒二萬二筒
下家北九筒九筒八萬

ピンズのどっちか捨ててもいいけど・・・
実戦では五萬打とうとしてちょっとストップ
カン2m、カン8mは悪くない待ちになりそうだけど受け入れがかなり減るんだよね
なら一萬で妥協すべき?少々悩んだ結果
あえての打四索にしてみた

てけとーな100戦

2009-05-27 13:32

今までのは大体
赤東で連帯率意識した麻雀を打ってた結果の戦績だったんだけども
この100戦はそんなの気にせず仲良く楽しく打ちましょーって感じでやってた
ナシナシとかも色々混じってたり
打ち方もその日の気分で変わってたりするので
数字はあんまり参考にならなさそうだね
163.jpg
先切り楽しいです
またそのうち何か載せるかも

強引な喰いタン

2009-05-20 15:10

あると思います!
159.jpg
161.jpg
160.jpg
といっても格別忙しいわけじゃないんだけど
今までのようにとりあえずで東麻にINして
気づいたら一日中遊んでました、というだらだらした生活を続けるわけにはいかないみたい
とはいえメッセがON表示になってるうちは
なんだかんだで暇なんだなと思って間違いないので気軽に話しかけておくれ
色々間違ってることが発覚したのでコメントの方で修正してます
平面何切るなんてもう二度とやらないよ!

三萬四萬三筒五筒五筒六筒七筒七筒八筒一索二索三索北北
3pか5p
枚数一緒だけどこういうのから最終形を字牌シャボに持っていくのはあんまり好きじゃない
2p、6pツモで平和が見える打5pにしたけど一盃口が消えることに気づいた
ならどっちが良いとかって好みの問題になるのかねえ

二筒三筒五筒八筒
5pと8pどっちを切るのかという話
受け入れだけ考えると9pツモに対応できる分5p切ったほうがいいんだね
でも打8pのほうが両面変化が多い
2356の形は二度受けになるけど
2345になると後々喰いタンにいくことになっても使いやすい
実戦では早巡に5p切ることで14待ちが出にくくなりそうだとか
逆にスジひっかけの8p単騎で待てそうとか
そういうのも考慮に入れながら対応変えれば良さそう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。